会社案内

沿革

昭和39年8月
資本金五百万円にて設立、同時に999G/T型油送船2隻の建造を計画、海上運送業を開始
昭和40年2月
松山丸竣工、合名会社上野運輸商会に定期用船
昭和40年5月
資本金500万円増資し、1,000万円に増額
昭和40年7月
第二松山丸竣工、合名会社上野運輸商会に定期用船
昭和41年10月
資本金1,000万円増資し、2,000万円に増額
昭和42年9月
第三松山丸、1,999G/T型貨物船建造、日本郵船株式会社に定期用船
昭和44年5月
資本金1,000万円増資し、3,000万円に増額
昭和44年5月
第五松山丸、999G/T型油送船建造、合名会社上野運輸商会に定期用船
昭和44年6月
第八松山丸、999G/T型油送船建造、合名会社上野運輸商会に定期用船
昭和45年6月
建山丸、7,000G/T型近海貨物船建造、中村汽船株式会社に定期用船
昭和46年11月
第十一松山丸、999G/T型油送船建造、合名会社上野運輸商会に定期用船
昭和49年9月
第十二松山丸、2,999G/T型油送船建造、合名会社上野運輸商会に定期用船
昭和52年8月
第十五松山丸、1,550G/T型油送船購入、鶴見輸送株式会社に定期用船
昭和53年10月
第十八松山丸、2,999G/T型油送船建造、鶴見輸送株式会社に定期用船
昭和56年11月
第二十一松山丸、2,999G/T型油送船建造、鶴見輸送株式会社に定期用船
昭和60年10月
第二十二松山丸、2,999G/T型油送船建造、鶴見輸送株式会社に定期用船
昭和63年3月
第八松島丸、1,530G/T型油送船購入、鶴見輸送株式会社に定期用船
昭和63年9月
第二十五松山丸、2,999G/T型油送船建造、鶴見輸送株式会社に定期用船
平成5年2月
第二十七松山丸、2,999G/T型油送船建造、鶴見輸送株式会社に定期用船
平成5年6月
第二十八松山丸、2,999G/T型油送船建造、鶴見輸送株式会社に定期用船
平成10年9月
第二松山丸、3,555G/T型油送船建造、鶴見輸送株式会社に定期用船
平成14年1月
資本金50万円増資し、36,500千円に増額
平成14年10月
第五松山丸、3,493G/T型油送船建造、東燃ゼネラル海運有限会社に定期用船
平成17年4月
第五松山丸、3,493G/T型油送船、鶴見サンマリン株式会社に定期用船
平成20年3月
第八松山丸、3,572G/T型油送船、鶴見サンマリン株式会社に定期用船
平成22年3月
第十一松山丸、3,583G/T型油送船、鶴見サンマリン株式会社に定期用船
現在に至る